熟女

ホーム
 

Archive for 9月, 2004

人妻の情事 夫以外の男に中出しされた妻たち

No Comments »

9月 26th, 2004 Posted 5:05 PM

朝から下半身が悶々と疼き、本当はオマ●コがしたくてたまらない淫乱妻たち。理不尽な理由でレイプされ中出しまでされてしまう人妻5人の、エロくて危険な時間。夫以外の男のザーメンをたっぷり飲み込むふしだらな塾壷!ゆきずりの情交に全身を震わせ悶える5人の好色妻の性癖を描いた2時間です!!

Posted in 未分類

昼下がりのいけない人妻たち 9人の淫乱妻?

No Comments »

9月 22nd, 2004 Posted 6:02 PM

マン汁たっぷりの熟れた局部に男を導く昼下がりの情事4時間収
録。欲求不満だらけの9人の好色妻がチ●ポとザーメン欲しさに
暴走を繰り返す!「もっと私にチ●ポ下さい!もっともっと熟れ
たマ●コを弄んで下さい!!」

Posted in 未分類

近親相姦 激愛11

No Comments »

9月 21st, 2004 Posted 5:59 PM

近所で評判の主婦。絶対秘密主義の歪んだ関係・・・

Posted in 未分類

近親相姦 激愛10

No Comments »

9月 18th, 2004 Posted 5:52 PM

亡き夫の面影に惹かれ、息子に抱かれる母・・・

Posted in 未分類

近親相姦 激愛9

No Comments »

9月 15th, 2004 Posted 5:41 PM

禁断の行為。息子の初めての相手は私・・・。どろどろに絡み合う、母と子・・・

Posted in 未分類

近親相姦 激愛

No Comments »

9月 12th, 2004 Posted 5:41 PM

私は今年20歳になる息子がいるんですが、最近元気が無く、休みの日も家でゴロゴロする毎日。親としては心配になりますよね。何か悩んでいるのかと。若い子が休みの日の何処へも行かないなんて・・・。でもあれこれ聞いても、何も答えてくれなくて・・・。そんな休みのある日、息子は居間でゴロゴロしながらTVを見ているうちに眠ってしまったんです。普段は気にもしていなかったのですが、寝ている息子の股間の膨らみに目が釘付けになってしまいました。だって、その膨らみは主人とは比べ物にならないくらい大きく、立派だったんです。私は逸る気持ちを抑えきれず息子の下着をゆっくりと脱がしました。すると・・・。

Posted in 未分類

近親相姦 激愛07

No Comments »

9月 9th, 2004 Posted 5:15 PM

私は42才の主婦です。ダンナとはもう随分前からSEXの関係は無く、かと言って不倫相手がいるわけでもないので悶々とした日々を過ごしていました。ある日、洗濯をしている時、息子の下着から甘酸っぱい匂いを感じ、よく見てみると精液が・・・。そう、息子の夢精した痕が・・・久しぶりに男の匂いを嗅いだせいか、気がつくとその場で自分の大事な所を弄っていました。それ以来、私の息子に対する態度が変わったのをはっきりと覚えています。もちろん息子は気づいていません。ある夜、旦那が出張で帰ってこないのをいいことに私は寝ている息子の部屋へ・・・。息子が気づかないようにそっとパンツを下ろし、ゆっくりとペニスを・・・。

Posted in 未分類

近親相姦 激愛 6

No Comments »

9月 7th, 2004 Posted 4:01 PM

私・・・やっぱりいけない女だと思います。だって、私と息子は誰にも言えないような関係になってしまったのですから。それは、私の主人に対する欲求不満がきっかけなのです。主人は淡白でいつも途中で果ててしまうんです。私は寝息を立てる主人の横で自分を慰めるようになり、いつしかそれが癖になっていきました。ある昼下がりの事、私はいつもの様に自分を慰めている時、ドア越しに人の気配を感じていました。私はそれが息子だとすぐにわかりました。何故かって?私がオナニーしているのを息子は時々覗いているんです。それも、私が気づいていることを知らずに・・・。息子が私の淫らな姿を見て・・・・。

Posted in 未分類

好色妻 私、Mなんです

No Comments »

9月 4th, 2004 Posted 5:35 PM

夫に裏切られた事をきっかけに、破廉恥に暴走を繰り返す美人妻!美しき淫乱妻に群がる欲望狂いの男たち!犯される事に快楽を覚え、何度も犯され、何発も中出しされる淋しい人妻の昼下がり!!「私は淫乱で欲求不満な人妻です!見知らぬ男のチ●ポでもヨガってしまう変態妻です!!」

Posted in 未分類

近親相姦 激愛 5

No Comments »

9月 4th, 2004 Posted 3:20 PM

あれは半年前だったかしら。主人が海外へ単身赴任となり、大学受験を控えた息子との二人暮らしが始まったのは・・・。きっと寂しかったんだと思います。主人とはとても仲が良く、しかも急に海外勤務が決まってしまったものですから・・・。当時私は悩みました。主人と一緒に海外へ行くべきかどうか。ただ、受験を控えた息子を置いていくわけにもいかず・・・。結局私は息子と日本に残り、主人の帰りを待つことに決めました。ある夜、遅くまで勉強している息子の夜食を作り、部屋の前まで行くと、扉の向こうから物音が聞こえてくるのです。私がそっとドアを開けるとしきりに肉棒を扱く息子の姿が・・・。

Posted in 未分類